FC2ブログ
くすぐり動画、画像、体験談等アップしていきます。
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/07/17(水)01:30
今度は彼女のくすぐりを私が受ける番。
くすぐられるのは好きだけど、かなりのくすぐったがり屋なため、いつも触れるか触れないか位のフェザータッチをメインに責めてもらってます。
しかし今日は旅先でテンションが上がってるのでしょうか、いきなり強めのくすぐりでスタートしました。

脇腹をこちょこちょされ強制的に笑わされました。
腕力は勝っているのでその気になれば彼女の手を振り払うことは簡単ですが、楽しそうにくすぐってくるので必死で堪えます。
せっかくだからくすぐる側の楽しみを思う存分味わってもらおうと思い、笑わされながらわざとソファに倒れこむと、狙い通りに彼女は私の上に馬乗りになってきました。
その体勢でかなりの時間こちょこちょとくすぐられ続け、とうとうギブアップ。

冷房をつけずにプレイしていたので二人とも汗ばんでしまい、お風呂に入る事に。
体を洗いながらのくすぐりは古典的ですが結構好きです。
まず彼女の上半身にボディーソープを塗りたくった後、あえて脇を固く閉じてもらいます。
そして泡のヌルヌルを利用して、ガードされている脇の下にゆっくりと指をすべり込ませていきました。
弱点である脇の下のくぼみに指を到達させまいと、彼女は笑いながらより強く脇を閉じてきますが、確実に私の指は近づいていきます。
わざと時間をかけ焦らしながら指を深く入れていき、くぼみに到着すると、一際大きな声で彼女は笑い出しました。
それを合図に激しいくすぐり開始。
徹底的に全身くすぐりまくりながら洗ってあげます。
この時は本気でくすぐったので、彼女も暴れて抵抗してきましたが、力ずくで押さえつけ容赦なく責め続けました。
「湯船まで逃げれたらやめてあげる。それまでは絶対にくすぐりはやめない」
と勝手にその場でルールを決め、さらにくすぐり続行。
彼女はくすぐりから逃れようと湯船を目指しますが、私は羽交い絞めにするようにピッタリと彼女の体にまとわりついてくすぐっているため、身動き取れません。
時折わざと力を抜いて脱出のチャンスを与えますが、湯船に入る直前でしっかりと彼女を捕え再び羽交い絞めに。
これを数回繰り返していると、とうとう彼女がギブアップ。
かなり長時間にわたってくすぐったので、さすがに彼女もへとへとでした。
よく頑張ってくれたと思います。
ご褒美に湯船の中でたくさんイチャイチャしてあげました。

この時点で彼女はかなり体力を消耗していましたが、まだプレイは続きます。

つづく






関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://henntaikusuguri.blog.fc2.com/tb.php/6-26b112dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
プロフィール

かずひこ999

Author:かずひこ999
趣味は
読書(くすぐり小説)w
動画鑑賞(くすぐり動画)w

とりあえず・・・

ゆっくりしていってね!!!

最新記事
最新コメント
カテゴリ

リンク
RSSリンクの表示
ランキング

いつもありがとうございます。 よかったら応援していただけると嬉しいです^^

よろしくおねがいします。

当ブログについて

※著作権・肖像権 当サイトにおきまして掲載・配信しております動画や画像などは、各権利保有者に帰属しております。 ですので、もし当サイトにおきまして掲載・配信しております動画や画像などで著作権や肖像権に関する問題が起きている場合、下記連絡先までご連絡いただければ幸いです。即刻削除等の対応をさせていただきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

RSS

 | くすぐり三昧の日々TOPへ | 
Copyright © くすぐり三昧の日々 All Rights Reserved.

Designed by DAIGO / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。